化学系薬学

薬効成分のある化合物を探索、化学反応過程のメカニズムを解き明かし化学合成し、薬を創出する

有機化学   合成化学   生態関連物質   天然物化学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

薬学部
【 主な研究者 】
徳山英利 山口雅彦 根東義則 岩渕好治 有澤美枝子
理学部 化学科
【 主な研究者 】
永次史

東京大学

薬学部
【 主な研究者 】
井上将行 大和田智彦 金井求 内山真伸

北里大学

薬学部
【 主な研究者 】
牧野一石 長光亨

金沢大学

医薬保健学域 薬学類・創薬科学類
【 主な研究者 】
北村正典 松尾淳一 稲垣冬彦 向智里 国嶋崇隆

京都大学

薬学部
【 主な研究者 】
川端猛夫 高須清誠 竹本佳司 大野浩章

北海道大学

薬学部
【 主な研究者 】
佐藤美洋

九州大学

薬学部
【 主な研究者 】
佐々木茂貴 大嶋孝志
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
新藤充

徳島文理大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
今川洋 加来裕人 山本博文 久保美和 福山愛保

静岡県立大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
菅敏幸
薬学部 薬科学科
【 主な研究者 】
濱島義隆

徳島大学

薬学部 創製薬科学科
【 主な研究者 】
佐野茂樹

その他の優れた大学

大学詳細

千葉大学

薬学部

【キラリティー】 「戦略的重点研究強化プログラム」の一つとして、「キラリティー物質科学」を掲げ、物理・化学・薬学など多様な学問分野の研究者が共同で研究を行っている。

立命館大学

薬学部 創薬科学科

【創薬科学分野】 私立の薬系大学が6年制薬剤師教育に特化しつつあるなか、2015年に新たに創薬科学科を立ち上げ、創薬研究者を育成する教育を開始した。私立薬科大学には希有な研究者養成に力を注いでいる注目すべき大学である。研究者の人材も豊富で、創薬研究者を目指す高校生にはぜひお勧めしたい学部学科である。


海外で学ぶなら

大学詳細

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

University of South Florida/サウスフロリダ大学(米)

Department of Chemistry

【ポルフィリンの化学】 X. Peter Zhang先生という若手の優秀なポルフィリン化学者が在籍。

香港大学(中)

State Key Laboratory of Synthetic Chemistry

【ポルフィリンの化学】 Chi-Ming Che先生という優秀なポルフィリン化学者が在籍。

主な研究者

研究者詳細

桝飛雄真

千葉大学
工学部 総合工学科 共生応用化学コース/融合理工学府 先進理化学専攻/共用機器センター
【有機化学、機器分析化学、鏡像異性体】 右手と左手のように鏡合わせの構造を持ち、片方は他方と重ね合わせられないという性質を持った物質「鏡像異性体」の観察と制御法を研究。生命を構成する化合物の多くは鏡像異性体であるため、薬となる化合物も左右のちがいによって効果が大きく変わり、その制御は非常に重要である。

荒井秀

千葉大学
薬学部/医学薬学府 総合薬品科学専攻
【有機合成化学】 医薬などの有機化合物を人工的に創り出す技術や、今まで世の中に存在していなかった分子・機能を創り出すことに取り組む。安く、早く、簡単にということを兼ねそろえた究極の物質合成法を目指す。

牧野一石

北里大学
薬学部/薬学研究科 薬科学専攻
【有機合成化学、有機金属錯体化学、触媒的不斉反応の開発、環境調和型化学、ペプチド化学、糖化学】 細胞表層に存在する糖鎖やタンパク質を認識・結合できる低分子化合物の開発研究。この低分子化合物に医薬品や核酸、タンパク質などを結合することで、細胞レベルでの診断や治療が可能となる基盤技術を構築する。

高波利克

明治薬科大学
薬学部/薬学研究科 生命創薬科学専攻
【物理有機化学】 ポルフィリンという有機化合物を、医薬品として用いたユニークながん治療法の研究。ポリフィリンは腫瘍組織や新生血管への特異な集積性と、光増感作用によって発生し、強い細胞破壊効果を持つ。さらに改善することで、光過敏症を抑えたり、低エネルギーで作動する次世代の新しいポルフィリン光増感剤を実現。

山本博文

徳島文理大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【有機化学、合成化学、有機金属化学、創薬化学】 医薬品等を製造するために用いられる金属を無駄なく回収し、再利用できる技術の研究。また、抗生物質がまったく効かない薬剤耐性病原菌の問題に対して、創薬化学を生かした新しい免疫活性化抗菌薬の開発。さらには、水質汚染の原因となる藻類だけを狙い撃ちする、分子標的型防藻剤の開発も目指す。

久保美和

徳島文理大学
薬学部 薬学科
【天然物化学】 神経細胞を元気にさせる成分を含む植物あるいは食品を探索、それをアルツハイマー病予防薬、予防食品として開発する研究を行う。

菊地晴久

東北大学
薬学部/薬学研究科 分子薬科学専攻
【天然物化学】 従来の古典的な天然物抽出法を覆し、有機合成を組み合わせて新しい化合物を見つけ出す。新規な発想がすばらしい。

俣野善博

新潟大学
理学部 理学科 化学プログラム/自然科学研究科 数理物質科学専攻
【機能性材料開発】 自然界、生体内で重要な役割を担う有機化合物、ポリフィレンに周期表の典型元素の金属を官能基としてかけ橋し、金属元素の特性を生かしたポリフィレンの新しい方法論を提唱する。

倉橋拓也

京都大学
工学部 工業化学科 創成化学コース/工学研究科 材料化学専攻
【遷移金属触媒反応】 ポルフィリンをベースにした金属錯体の触媒を用いる有機合成反応

有澤光弘

大阪大学
薬学部/薬学研究科 医療薬学専攻
【医薬品開発を指向した金属ナノパーティクル触媒の開発】 回収や再利用を視野に入れたクリーンな医薬品合成剤の設計や開発を精力的に行っている。

岡本巌

昭和薬科大学
薬学部 薬学科
【機能性分子の開発】 環境応答による分子の動的機能制御

齋藤望

明治薬科大学
薬学部/薬学研究科 生命創薬科学専攻
【触媒的分子変換反応の開発】 医薬品の多くは炭素原子から構成される基本骨格を持った有機化合物である。その観点から遷移金属触媒を利用した新しい炭素―炭素結合形成反応の開発に主眼を置いて研究を進める。

大須賀篤弘

京都大学
理学部 理学科 化学系/理学研究科 化学専攻
【機能性分子開発】 生体内で重要な役割を担うポルフィリン類縁化合物の構築と物性研究。

樋口恒彦

名古屋市立大学
薬学部/薬学研究科 創薬生命科学専攻
【機能性分子開発】 肝臓において解毒を行う酵素として知られている薬物代謝酵素シトクロムP450の構造と反応性の未解明な部分の解明。

興味がわいたら

非対称の起源 偶然か、必然か

クリス・マクマナス

利き手は右手、心臓は体の左側、言語野は左脳、DNAのらせんは右巻きと決まっているが、これらは偶然なのか必然なのか?このような、身の回りのさまざまな非対称とその起源を考察する。化学や物理におけるキラリティーだけでなく、人体・生物・宇宙など幅広い分野に渡って事例を紹介している。 (大貫昌子:訳/ブルーバックス)


有機化学美術館へようこそ 分子の世界の造形とドラマ

佐藤健太郎

医薬品や機能性分子を作り出す難しさと共に、その有用性や可能性、魅力等が分かりやすく紹介されている。決して肉眼では見ることのできない分子にも、我々と同じように様々な形や個性・性質が存在する。そして、目に見えないその分子の集合体が、日々の日常的な物理現状を作り出す。それらは、時に世界的影響力を及ぼす可能性があることを、是非知っていただきたい。 (技術評論社)


新薬に挑んだ日本人科学者たち

塚崎朝子

新薬の開発には、多大なる時間と労力と費用がかけられている。薬となり得る候補物質を探し出し、それらを選別して薬としての有効性を高め、毒性を弱めるといった作業と研究をしている。日本人は、世界に名が通るに至った薬をいくつも開発しており、この本はそれらについてまとめている。医薬品開発の難しさや魅力を感じてほしい。 (ブルーバックス)


分子レベルで見た薬の働き 生命科学が解き明かす薬のメカニズム

平山令明

薬学は、生命現象や疾病,医薬品の働きを「化学」の立場から理解する学問領域であり、この点が診断や治療を目的とする医学とは異なる点だ。この本では、医薬品がどのようなメカニズムで薬としての作用を示すかということが、化学という立場から分子・原子レベルで解説されている。全体としては高校生にはややレベルが高い本だが、試してみてほしい。例えば、高校の化学の教科書にもあるアスピリンやペニシリンが、なぜ薬として機能するかなども述べられている。 (ブルーバックス)