有機化学

生物界にだけ存在する有機物を、炭素原子同士を自由自在につなぐ化学的な合成法で人工的に作り、高機能な新しい有機化合物として役立てる~化学の重要な基礎の1つ

有機半導体   有機触媒   ベンゼン環   合成接着剤   創薬

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
中尾佳亮 倉橋拓也 山子茂 松原誠二郎
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
今堀博 村田靖次郎
理学部 理学科 化学系
【 主な研究者 】
依光英樹 大須賀篤弘
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
津江広人

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
安田誠 神戸宣明 家裕隆
理学部 化学科
【 主な研究者 】
久保孝史

東北大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
中村達 岩本武明 林雄二郎 豊田耕三 金鉄男
工学部 化学・バイオ工学科 バイオ工学コース
【 主な研究者 】
諸橋直弥

東京工業大学

理学院 化学系
【 主な研究者 】
後藤敬 大森建 岩澤伸治
生命理工学院 生命理工学系
【 主な研究者 】
占部弘和
物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
高田十志和

筑波大学

理工学群 化学類
【 主な研究者 】
一戸雅聡 鍋島達弥 市川淳士 渕辺耕平

九州大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
内田竜也 大石徹 伊藤芳雄
工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
古田弘幸
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
友岡克彦

東京大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
小林修

名古屋大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
斎藤進
工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
忍久保洋

群馬大学

理工学部 化学・生物化学科
【 主な研究者 】
菅野研一郎 久新荘一郎 武田亘弘 中村洋介

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 応用化学課程
【 主な研究者 】
池田浩

海外で学ぶなら

大学詳細

Humboldt-Universität zu Berlin/フンボルト大学ベルリン(独)

化学研究所

【炭素−フッ素結合の活性化】 研究グループ間の情報交換が盛ん。

主な研究者

研究者詳細

市川淳士

筑波大学
理工学群 化学類/数理物質科学研究科 化学専攻
【有機合成化学】 フロンガスに必ず含まれる炭素―フッ素結合の構造研究。金属触媒を使って、このフッ素結合を温和な条件下で切断し、医薬品や合成樹脂などの有用化合物への変換する反応を開発。環境に直接影響を及ぼすフロンガスへも、この手法を適用し、フロン類の有効再利用法へと転換させる研究を行う。

山下誠

名古屋大学
工学部 化学生命工学科/工学研究科 有機・高分子化学専攻
【有機金属化学、触媒化学】 炭化水素を変換する金属錯体触媒を開発。この触媒を用いることで、炭化水素を有用資源に変換・合成することに成功した。

網井秀樹

群馬大学
理工学部 化学・生物化学科/理工学府 理工学専攻
【含フッ素有機化合物の合成】 独創的な手法を追求する。

興味がわいたら

トコトンやさしいフッ素の本

山辺正顕:監修

もっとフッ素に光を! ハロゲン元素のひとつでありながら、有機化学の教科書ではほとんど扱われないフッ素。焦げ付かない調理器具、虫歯予防から宇宙で活躍するフッ素まで、フッ素を含む有機化合物の活躍の場は挙げたらきりがない。その不思議なフッ素の性質に興味を持って欲しい。さらにこれをきっかけとして、自分自身で新物質の開発に携わる楽しさを感じ、社会に貢献する充実感を味わって欲しい。 (F&Fインターナショナル:編/日刊工業新聞社)


有機化学美術館へようこそ 分子の世界の造形とドラマ

佐藤健太郎

著者が運営している有機化学美術館(http://www.org-chem.org/yuuki/yuuki.html)というウェブサイトを基に、面白く美しい有機分子とその性質について紹介。その構造の美しさにフォーカスしている。有機分子は、炭素の結合が4本であることを理由にとにかく多様性に富んだ構造をしている。化学者の間でも「美しい分子は高い機能を持つ」と考えている人も多く、本書を読めば、有機化学の一端を垣間見ることができるだろう。 (技術評論社)


Chem-Station

化学全般に関するいろいろな最新の話題が数多く記載されているポータルサイト。日本における化学情報ウェブサイトでは最も大きい。化学系学生のための就職情報や、化学の研究者のインタビューなども掲載。 (山口潤一郎)


ベーシックマスター 有機化学

清水功雄、只野金一:共編

有機化学は、炭素と結合する置換基を変換しながら様々な分子を合成したり、その化合物が持つ物性を変更したり、新たな性質を発現させたりすることを行う分野である。分子が持つ性質を知るためには、各置換基がもつ性質を知る必要があり、新しい性質を導入するためには、置換基を導入するための反応を知らなければならない。その基本となる知識を得るためには、有機化学の基本をまず身に付ける必要があるが、この本は重要な内容に絞り基礎的内容から書かれている。大学生向けテキスト。 (オーム社)