合成化学

有機、無機にこだわらず工業化のためにいかに効率よく短工程で有用な物質を作り出せるかを目指し、新しい反応や合成方法の開発を行う~試薬、医薬品から合成洗剤まで

不斉合成   触媒   抗がん剤   ナイロン

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
中村正治 小澤文幸 大江浩一 村上正浩 辻康之
工学部 工業化学科 創成化学コース
【 主な研究者 】
山子茂 松原誠二郎
理学部 理学科 化学系
【 主な研究者 】
丸岡啓二 依光英樹
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
藤田健一

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
鳶巣守 神戸宣明 南方聖司 茶谷直人 三浦雅博
基礎工学部 化学応用科学科 合成化学コース
【 主な研究者 】
劔隼人 真島和志 直田健
薬学部
【 主な研究者 】
有澤光弘

名古屋大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
石原一彰 波多野学 山本芳彦 浦口大輔
理学部 化学科
【 主な研究者 】
北村雅人

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
仙北久典 新井則義 大熊毅 伊藤肇

東京大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
工藤一秋
工学部 システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース
【 主な研究者 】
西林仁昭
理学部 化学科
【 主な研究者 】
山下恭弘

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
小泉武昭 三上幸一 穐田宗隆 高田十志和
理学院 化学系
【 主な研究者 】
岩澤伸治 鈴木啓介
生命理工学院 生命理工学系
【 主な研究者 】
小林雄一 秦猛志

九州大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
桑野良一 徳永信
工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
嶌越恒
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
友岡克彦

東北大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
金鉄男 林雄二郎 寺田眞浩
工学部 化学・バイオ工学科 バイオ工学コース
【 主な研究者 】
服部徹太郎

岡山大学

工学部 化学生命系学科
【 主な研究者 】
高井和彦 菅誠治 光藤耕一 黒星学 坂倉彰
理学部 化学科
【 主な研究者 】
門田功 西原康師

慶應義塾大学

理工学部 化学科
【 主な研究者 】
山田徹 垣内史敏

その他の優れた大学

大学詳細

筑波大学

理工学群 化学類

【生物有機化学】

大阪府立大学

生命環境科学域 理学類 分子科学課程

【フローケミストリー】 従来のフラスコを使った反応ではなく、フロー系を使った反応装置を活用して効率的かつ選択的な反応を行っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

化学科

【不活性炭素-水素結合を利用した触媒的分子変換法の開発】 世界的に著名な研究者が多く在籍し、世界を先導する研究成果を多く挙げている。研究のレベルの高さだけでなく、研究者の教育への取り組みの意識も高い。

University of Utah/ユタ大学(米)

化学科

【元素を無駄にしない新規分子変換法の開発】 世界的に著名な研究者が多く在籍し、世界を先導する研究成果を多く挙げている。研究のレベルの高さだけでなく、研究者の教育への取り組みの意識も高い。

主な研究者

研究者詳細

門田功

岡山大学
理学部 化学科/自然科学研究科 分子科学専攻
【生理活性天然物の化学合成】 抗HIV活性を示す渦鞭毛藻など、海洋生物が生産する物質の化学合成研究を推進する。海洋産の天然物には抗腫瘍活性を示すものも多く、新たな抗がん剤のリード化合物として注目。生理活性天然物の効率よい合成ルート開発を目指す。

垣内史敏

慶應義塾大学
理工学部 化学科/理工学研究科 基礎理工学専攻
【有機合成化学、有機金属化学】 金属錯体触媒を用いて不活性な炭素-水素結合を活性し、ベンゼン環から水素を切り離し、炭素-炭素結合を生成することに、世界に先がけ成功。その技術を使って、炭素原子だけでできたグラフェンの合成を目指す。

坂井教郎

東京理科大学
理工学部 先端化学科/理工学研究科 先端化学専攻
【有機合成化学、有機金属化学】 炭素結合を自由につなぎ変える新しい金属触媒を開発。エネルギー供給の問題解決を目指す。さらに多種多様な医薬品分子を効率よく選択的に合成することができる方法を開発。副作用の少ない抗がん剤など、病気に対して効果を示す医薬品づくりを目指す。

谷野圭持

北海道大学
理学部 化学科/総合化学院 総合化学専攻
【天然物合成】

上田実

東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻
【生物有機化学】

佐々木誠

東北大学
農学部 応用生物化学科 生命化学コース/生命科学研究科 分子化学生物学専攻
【合成化学、化学生物学】

徳山英利

東北大学
薬学部/薬学研究科 分子薬科学専攻
【天然物合成】

井上将行

東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬科学専攻
【天然物合成】

伊丹健一郎

名古屋大学
理学部 化学科/理学研究科 物質理学専攻/トランスフォーマティブ生命分子研究所
【有機合成化学】 有機合成化学の共通の骨格である芳香環に新しい官能基を新規な方法で導入する手法を開発。分子をつなげて価値を生む、芳香環連結化学にこだわった研究を続ける。

西川俊夫

名古屋大学
農学部 応用生命科学科/生命農学研究科 応用生命科学専攻
【天然物化学】

中尾佳亮

京都大学
工学部 工業化学科 創成化学コース/工学研究科 材料化学専攻
【不活性結合を利用した効率的分子変換法の開発、有機金属化学】 様々な不活性結合を活用して、多種多様な分子へと変換する新規分子変換法を数多く開発している。

平野康次

大阪大学
工学部 応用自然科学科 応用化学科目/工学研究科 応用化学専攻
【炭素-水素結合活性化】 ベンゼン環構築の新しい方法を作っており、斬新さが高い研究を行っている。

河内卓彌

慶應義塾大学
理工学部 化学科/理工学研究科 基礎理工学専攻
【炭素骨格を利用した分子変換法の開発】 金属が持つ性質を巧みに使って、通常では達成できない様式の結合を効率的に形成する新手法を開発。

白川英二

関西学院大学
理工学部 環境・応用化学科/理工学研究科 化学専攻
【金属を使わないクロスカップリング反応の開発】 ベンゼン環のような置換不活性な炭素どうしをつなげることができる、極めて強力な化学反応のクロスカップリングを研究。遷移金属を使わずとも選択的にクロスカップリングが行える新概念に基づく分子変換法を開発する。

中村栄一

東京大学
理学部 化学科/理学系研究科 化学専攻
【卑金属を利用したカップリング反応の開発】 希少元素を使わない合成反応開発を精力的に行っており、様々な成果を挙げている。

村上正浩

京都大学
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース/工学研究科 合成・生物化学専攻
【有機金属化学】 不活性分子の活性化による新規分子変換法を開発をしている。

興味がわいたら

海から生まれた毒と薬

Anthony T.Tu、比嘉辰雄

海洋生物と医療との意外な関係がわかる。海洋生物から発見された化合物から生まれた薬があるが、どのように医薬品に応用されたのか、生体内でどのような働きをしているか述べられている。合成化学の学問領域では、このような化合物を必要なだけ供給するための合成法について研究を進めているが、天然に存在する化合物をなぜ化学合成する必要があるのか、その研究の意義が示されている。大学生対象なので、やや難しい専門用語なども出てくるものの、化学に興味がある高校生なら十分理解できるだろう。 (丸善出版)


ニュースになった毒

Anthony T.Tu

中国製餃子事件や和歌山毒カレー事件などで話題になった毒物や、ドラック、原発事故による放射性物質など、社会問題化した様々な毒について、化学的な知識を得ることができる。化学構造式なども入れて解説する部分もあるが、化学構造に興味がない人でも内容はわかる。 (東京化学同人)


社会のなかに潜む毒物

Anthony T.Tu

タバコやハウスシックなど日常生活にも毒は潜んでいる。クスリだって使い方を誤れば中毒や死に至ることもある。海の中ではクラゲに要注意。本書を読めば、身の回りには危険な毒がいっぱいあると気づかされる。それから身を守る方法もわかる。 (東京化学同人)


有機金属化学

垣内史敏

有機合成化学の分野では、長きにわたり蓄積された分子変換法や化合物の持つ性質を理解し、それらを活用して新しい物を作り、また新しい性質を分子に発現させることを行っている。有機金属化合物は、それらが持つ特徴を使って様々な分子変換を行うことができるため、有機合成化学において必要不可欠な化合物である。本書は、初めて有機金属化学を学ぶ人を対象に、この分野の基本的な内容の大枠を理解できるように、慶應義塾大学で有機合成化学、有機金属化学を専門とする垣内先生が執筆。 (日本化学会:編/共立出版)