ケミカルバイオロジー

生物自身が作り出す病気の原因になるタンパク質の中から、治療薬候補になる生理活性物質を探し出し人工的に合成、創薬に役立てる~薬学、生命情報学、農学が中心

天然物化学   化合物ライブラリー   生体分子   ペプチド   微生物医薬品

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
阪井康能
農学部 食品生物科学科
【 主な研究者 】
入江一浩
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
清中茂樹
医学部 医学科
【 主な研究者 】
萩原正敏
薬学部
【 主な研究者 】
服部明

大阪大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
深瀬浩一 村田道雄 中谷和彦
理学部 生物科学科
【 主な研究者 】
高木淳一
工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
菊地和也
工学部 応用自然科学科 応用生物工学科目
【 主な研究者 】
松浦友亮
薬学部
【 主な研究者 】
小比賀聡

東京大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
畑中研一

北海道大学

理学部 生物科学科 高分子機能学
【 主な研究者 】
西村紳一郎

慶應義塾大学

理工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
清水史郎 犀川陽子
理工学部 生命情報学科
【 主な研究者 】
井本正哉

東北大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
高橋聡

静岡県立大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
渡辺賢二

その他の優れた大学

大学詳細

東京農工大学

農学部 応用生物科学科

【有用物質の探索及び創成】 全世界で毎年数千万人に使われているスタチンという血液のコレステロールの量を低下させる薬を開発し、ラスカー賞など多数の国際賞を受賞した遠藤章博士が教鞭をとっていたという歴史を踏まえ、微生物からの有用化合物の探索、その有機合成、作用機序の解明など、まさしくケミカルバイオロジーを基礎から応用までを実践している大学である。

岡山大学

薬学部

【創薬化学】 ケミカルバイオロジーの中でも創薬化学に特化している。

北里大学

薬学部

【生理活性物質の探索、有用物質の探索】 寄生虫による感染症の治療薬を発見しノーベル医学賞を受賞した大村智博士の弟子たちが活躍している学科であり、抗生物質研究のメッカといえる。北里生命科学研究所は大村智博士が牽引してきた研究所である。


海外で学ぶなら

大学詳細

Harvard University/ハーバード大学(米)

化学・ケミカルバイオロジー部

【ケミカルバイオロジープログラム】 ケミカルバイオロジーの提唱者が主催する学部

延世大学(韓)

Dept. Biotechnology

【ケミカルバイオロジー】 様々な生理活性物質を用いたケミカルバイオロジーが展開されている。

主な研究者

研究者詳細

浅井章良

静岡県立大学
薬食生命科学総合学府 薬科学専攻/創薬探索センター
【創薬科学】 がん領域を中心に、生体内高分子と相互作用可能な低分子化合物の探索、合成、作用機序解析を対象にした創薬科学研究。シグナル伝達やがん免疫応答に作用する低分子の探索、新たながん治療薬、創薬の出発点となるシード化合物の探索に挑む。

井本正哉

慶應義塾大学
理工学部 生命情報学科/理工学研究科 基礎理工学専攻
【ケミカルバイオロジー】 ケミカルバイオロジーという手法によって、がんや神経変性疾患の細胞モデル系を構築し、治療薬の候補となる化合物を探索。治療薬の開発につながるだけでなく、これまで不明だった病気の発症メカニズムや、細胞の生と死の制御メカニズム解明をも目指す。

周東智

北海道大学
薬学部/生命科学院 生命科学専攻
【医薬品化学】 吸入麻酔薬として知られるシクロプロパンの構造を立体制御し、そこから医薬分子設計をする創薬研究をしている。

木村賢一

岩手大学
農学部 応用生物化学科/総合科学研究科 農学専攻
【機能性物質を用いて生命現象を探る】 生活習慣病に有効でヒトの健康維持に役に立つ物質を見出し、付加価値の高い産業の創出を目指している。

臼井健郎

筑波大学
生命環境学群 生物学類/生命環境科学研究科 生物資源科学専攻
【生理活性物質の標的分子同定と高機能阻害剤の開発】 動物細胞に作用する天然化合物を用いた標的分子同定や作用機構解析で実績がある。

加藤敬行

東京大学
理学部 化学科/理学系研究科 化学専攻
【天然RNAライブラリを基盤とした新規機能性RNAと新規機能性ペプチドの探索】 従来の低分子化合物から、ペプチドひいてはRNAまで高分子化合物まで範囲を広げている点を特色としている。

富田泰輔

東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬学専攻
【ケミカルバイオロジー】 アルツハイマー病治療薬の創製を目指した分子基盤解明など、ケミカルバイオロジーの王道を行く手法と目的の研究を実践している。

中村浩之

東京工業大学
生命理工学院 生命理工学系/化学生命科学研究所
【創薬、がん治療】 がん細胞のみを選択的に破壊する治療法として、ホウ素を中心とした低分子創薬から、人体には無害の低エネルギー熱中性子を用いるホウ素中性子捕捉療法に積極的に取り組んでいる。

千葉一裕

東京農工大学
農学部 応用生物科学科/農学府 応用生命化学専攻
【有用物質の効率的化学合成法の開発】 電気化学的手法を化学合成に適用したり、溶媒分離と化学合成を組み合わせたりなど、有機化学の合成法に新風を吹き込んでいる。

入江一浩

京都大学
農学部 食品生物科学科/農学研究科 食品生物科学専攻
【生命分子化学、ケミカルバイオロジー、アミロイドβの毒性配座理論】 海洋動物に含まれる天然成分から、副作用の少ない抗がん剤、アルツハイマー病やエイズの治療薬を取り出そうと取り組む。そのためにこの海洋天然物の作用メカニズムを解明と各種医薬品としての最適化を進めている。

掛谷秀昭

京都大学
薬学部/薬学研究科 医薬創成情報科学専攻
【ケミカルバイオロジー】 化学をベースにしたケミカルバイオロジーが展開されている。

珠玖洋

三重大学
医学系研究科 医科学専攻/複合的がん免疫療法センター
【がん免疫】 がんの免疫応答とがんワクチン

半田宏

東京医科大学
ナノ粒子先端医学応用講座
【ケミカルバイオ】 標的タンパク質を探しだすためのナノビーズやナノ磁性ビーズなど、ビーズを用いた化合物のターゲット同定で著名。

興味がわいたら

入門ケミカルバイオロジー

入門ケミカルバイオロジー編集委員会:編

ケミカルバイオロジーは、化学と生物学が融合して生命現象を解析しようとする研究領域だ。つまり、化学と生物学両方からのアプローチが可能であるが、実際にどのようなアプローチでケミカルバイオロジー研究が展開されているかが、わかりやすく書かれている。 (オーム社)


レナードの朝

30年もの間、半昏睡状態であった主人公が、試験的な新薬の投与により劇的な変化をもたらすドラマ。ケミカルバイオロジーのモチベーションの一つに治療薬の創出があるが、本映画は治療薬を開発する必要性が胸にしみる名作だ。大学でも、1年生の時に観ることを勧めている。 (ロバート・デ・ニーロ:主演)


がん 生と死の謎に挑む

立花隆

膀胱がんを患った著者が、がんという社会問題をテーマにした一冊。この著者ならではの、極めて緻密な調査によってがんの実態に迫り、わかりやすく解説されている。最新本というわけではないのに、現在読んでも通用する考え方が豊富だ。 (NHKスペシャル取材班/文春文庫)


がん遺伝子の発見 がん解明の同時代史

黒木登志夫

がん研究者として著名な著者の一冊。現在の分子標的治療薬開発の礎となった、がん遺伝子やがん抑制遺伝子の発見、および研究者たちの努力について知ることができる。二十年以上前に書かれた本でありながら、著者の色あせない研究成果を感じさせる。 (中公新書)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ