物理系薬学

薬を物理的に服用しやすい形に設計する一方、患者の病気診断イメージング技術や新しい生体内の薬物輸送システムを開発

飲みやすい形の製剤   ドラッグデリバリー   MRIイメージング技術   同位体   X線結晶構造解析

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

薬学部
【 主な研究者 】
松崎勝巳 高倉喜信 加藤博章 石濱泰 中津亨

東北大学

薬学部
【 主な研究者 】
大江知行 眞野成康

東京大学

薬学部
【 主な研究者 】
花岡健二郎 浦野泰照

九州大学

薬学部
【 主な研究者 】
濱瀬健司 山田健一

静岡県立大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
豊岡利正 尾上誠良 浅井知浩 轟木堅一郎

徳島大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
石田竜弘

大阪大学

薬学部
【 主な研究者 】
高木達也 櫻井文教

星薬科大学

薬学部 薬学科 薬剤化学域
【 主な研究者 】
服部喜之 米持悦生 斉藤貢一

千葉大学

薬学部
【 主な研究者 】
鈴木紀行 森部久仁一 戸井田敏彦

崇城大学

薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
平山文俊 竹下啓蔵 國安明彦

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

獣医学部 共同獣医学課程

【放射線生物学】 がんの生理学的情報の取得法や放射線によるがん治療法について幅広く研究している。獣医学部でありながら物理化学的測定法である磁気共鳴法を駆使する点が特徴である。

北海道大学

薬学部

ガンや肝機能疾患部位に選択的に遺伝子を送り込む優れた研究を行っている。

筑波大学

理工学群 応用理工学類 物質・分子工学主専攻

【高分子を用いた薬物送達システムの診断や治療への応用】 高分子の性質を薬物送達システムに応用する研究がユニークである。

熊本大学

薬学部

【製剤学】 遺伝子送達システムの開発に関する研究が特色。

岐阜薬科大学

薬学部 薬学科

【製剤学】 固形医薬品の物性改善に関する研究を行う。微粒子調製ではパイオニア的存在である。

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 応用化学課程

合成高分子を利用したドラッグデリバリー研究を行う。

城西大学

薬学部 薬科学科

経皮吸収に特化したドラッグデリバリー研究を行っている。

慶應義塾大学

薬学部

温度によって性質を変える高分子を巧みに利用した分析法開発やバイオイメージングを行っている。

帝京大学

薬学部 薬学科

超音波を利用したドラッグデリバリーに特色。

東京理科大学

薬学部 薬学科

【臨床分析科学】 質量分析装置を用いた生体内のステロイド分析で優れた成果をあげている。最近では、唾液を使った新しい臨床診断法でも注目されている。

東邦大学

薬学部 薬学科

【製剤学】 固体医薬品の物性と製剤設計に関する研究を行っている。

名城大学

薬学部 薬学科

【製剤学】 製剤・薬剤・薬物動態制御学の研究室が揃っている。薬物の肺送達システムと薬物動態に関する研究に特色。

近畿大学

薬学部 創薬科学科

疾病や生体機能に重要な役割を果たすタンパク質中の糖鎖に着目し、電気泳動法を始めとした優れた分析法を開発している。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of North Carolina/ノースカロライナ大学(米)

DDS研究が進んでいる。Leaf Huang教授などが知られる。

University of British Columbia/ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)

DDS製剤化技術で世界をリードする製品を出してきた。Pieter Cullis教授などが在籍。

University of Iceland/アイスランド大学(アイスランド)

薬学部

【製剤学】 シクロデキストリンの医薬への応用に関する研究を活発に展開している。

University of Sydney/シドニー大学(豪)

薬学部

【吸入剤】 Kim Chan教授はこの分野では世界的権威である。

主な研究者

研究者詳細

轟木堅一郎

静岡県立大学
薬学部 薬学科/薬食生命科学総合学府 薬科学専攻
【分析化学】 病気の診断の多くは、採取した尿や血液を検査室で分析することで行われる。生体関連物質や医薬品などを分析する、より感度よく簡単に測定できる新たな方法を開発。

奥直人

帝京大学
薬学部 薬学科
【がんの薬物送達治療、ドラッグデリバリーシステム】 リポソームと呼ばれる脂質でできたカプセルを用い、がんや脳疾患などの疾患部位に選択的に薬物や遺伝子を送り込む優れた研究を行う。また放射性医薬品や蛍光を使って薬物の送達を画像化する研究を活発に行っている。

岡本浩一

名城大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【薬物動態制御学、薬物送達学、製剤学、薬剤学】 喘息などの肺疾患の治療のために、吸入粉末剤を肺の奥まで送り届ける薬剤送達学を研究。粉末薬剤の微粒子の形状、大きさ、密度を精密に制御し、また使いやすく効率よく粉末を分散させる必要がある。

竹下啓蔵

崇城大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【分子イメージング、フリーラジカルバイオロジー】 MRI磁気共鳴法によりがんを診断したあと、見つかったがんに対して、即座に光を当てると活性酸素を生じ、光線力学的治療が行える、多機能造影剤の開発を行う。

平山文俊

崇城大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【製剤設計学、製剤学、ドラッグデリバリー】 環状オリゴ糖を用いて、ドラッグデリバリーに利用できる製剤設計法の開発研究を行う。このオリゴ糖は分子に空洞があり薬物分子を包接する性質を持つ。しかも包接後薬の溶けやすさ、安定性が著しく改善される。薬の苦味や匂い、刺激性なども軽減することができる。

平田拓

北海道大学
工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース/情報科学研究科 生命人間情報科学専攻
【磁気共鳴画像化法の開発】 磁気共鳴画像化法について新しい計測法を開発している。工学部の出身だが医学や生物学において何が望まれているのかを考えながら進める研究姿勢が評価される。

小川美香子

北海道大学
薬学部/生命科学院 生命科学専攻
【分子イメージング】 ドラッグデリバリーシステム(DDS)で薬物の送達を可視化する分子イメージングなど研究。生体内の特定の分子を可視化することで、 病気の原因を探ったり病気の早期発見をしたりすることに取り組む。

眞野成康

東北大学
薬学部/薬学研究科 生命薬科学専攻
【疾患プロテオミクス、TDM】 薬剤部にも所属しており、患者に直接役立つような臨床分析法の開発を行っている。

森部久仁一

千葉大学
薬学部/医学薬学府 総合薬品科学専攻
【固形医薬品の製剤工学的研究】 有効性、安全性の高い固体医薬品製剤を得るための基礎的研究、特に製剤中の各成分の分子状態に注目した分子製剤学的研究を行う。最近では薬の溶解性改善を目的として薬物の溶解・吸収過程メカニズムの解明を目指している。

秋田英万

千葉大学
薬学部/医学薬学府 総合薬品科学専攻
【核酸医薬のデリバリー】 細胞内デリバリー機構に着目した研究

浦野泰照

東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬学専攻
【ケミカルバイオロジー、バイオイメージング】 分子イメージングにおける日本のトップサイエンティストの1人。様々な蛍光プローブを開発しており、最近では、手術中にがんだけを光らせることで正確に取り除く技術を開発し注目を集めている。

清水敏之

東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬学専攻
【構造生物学】 X線結晶解析法という手法により、細胞核内のタンパク質の構造や機能解明を行っている。

石濱泰

京都大学
薬学部/薬学研究科 薬科学専攻
【プロテオーム】 プロテオームという生体内タンパク質の網羅的解析のスペシャリストであり、世界最先端の技術開発を手がけている。

梶原篤

奈良教育大学
教育学部 学校教育教員養成課程 理科教育専修/教育学研究科 教科教育専攻
【高分子合成科学】 磁気共鳴法を用い高分子を合成する際の重合過程を速度論的に解析する。高校生の実験指導を行い、研究発表まで持っていった指導力にも優れている。

鈴木優章

島根大学
総合理工学部 物質化学科/総合理工学研究科 総合理工学専攻
【生体中の芳香族分子の機能評価】 ポルフィリン化合物のπ電子分布を、平面から三次元に拡張して、生体内の重要物質だけでなく今までにない新物質を作り、電子材料としての応用を目指している。

石田竜弘

徳島大学
薬学部 薬学科/薬科学教育部 薬学専攻
【リポソームDDS】 免疫等を意識したドラッグデリバリーシステムを研究する。

古田弘幸

九州大学
工学部 物質科学工学科 応用化学コース/工学府 物質創造工学専攻
【ポルフィリンの超分子化学】 生体内の重要物質で人工的にも色素や触媒として有用な有機化合物をポリフィレンという。ポルフィリンの基本骨格を維持した異性体、N-混乱ポルフィリンを世界に先駆け報告し、新しいポルフィリン化学の端緒を開いた。それ以外にも新規ポルフィリン類縁体を多数合成し、芳香族化合物が持つ「芳香族性」の起源や限界を極めるユニークな研究を展開する。

濱瀬健司

九州大学
薬学部/薬学府 創薬科学専攻
【キラルアミノ酸メタボロミクス】 生命体を形づけるアミノ酸はL-アミノ酸が占め、鏡像異性体のD-アミノ酸はほとんど存在しないことが知られている。しかし最近注目されるようになったD-アミノ酸の生体機能解明研究を行っており、病気の診断法開発、創薬、化粧品開発などに展開している。

山田健一

九州大学
薬学部/薬学府 創薬科学専攻
【酸化ストレスの可視化】 蛍光や磁気共鳴法を用いた活性酸素検出により、病態解析法の研究を活発に行っている。特に、活性酸素などによる酸化ストレスの可視化法を行う点でユニーク。

有馬英俊

熊本大学
薬学部 薬学科/薬学教育部 創薬・生命薬科学専攻
【遺伝子送達システムの開発】 薬効成分を持った遺伝子送達システムで研究活動を活発に展開している。

竹内洋文

岐阜薬科大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬科学専攻
【微粒子製剤】 新しい製剤設計を目指して、ドラッグデリバリーシステム(DDS)、粉体工学に基づいた粉体の研究を行っている。溶けやすく、吸収しやすい粘膜付着リポソームを開発。共通のキーワードは「粒子設計」、人に優しい製剤開発を目指している。

小出裕之

静岡県立大学
薬学部 薬学科/薬食生命科学総合学府 薬食生命科学専攻
【中和活性を有する合成ポリマー】 合成高分子ナノ粒子を合成する技術でプラスチック人工抗体を開発。病気の診断や分子生物学的評価の材料、毒素やウイルスの 解毒剤としてドラッグデリバリーシステム(DDS)に利用できることを目指す。

尾関哲也

名古屋市立大学
薬学部/薬学研究科 創薬生命科学専攻
【微粒子製剤】 企業と共同研究で新規機能性粒子の開発を幅広く行っている。

徳留嘉寛

城西大学
薬学部 薬科学科/薬学研究科 薬科学専攻
【経皮吸収】 化粧品の生理活性成分が皮膚の中に入った時に、皮膚の中で起こっている現象を生物学的・分子生物学的な手法で明らかにする。アトピー性皮膚炎や老人性乾皮症の根治療法への手がかりとなる可能性がある。

金澤秀子

慶應義塾大学
薬学部/薬学研究科 薬科学専攻
【機能性高分子】 温度によって性質を変える高分子を巧みに利用した分析法開発やバイオイメージングを行っている。

加藤大

昭和大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【ナノテクノロジー】 ナノ粒子やマイクロ流体デバイスといった微小サイズを利用したユニークな分析法を開発している。

西川元也

東京理科大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【ドラッグデリバリーシステム】 薬物や核酸を患部のみに届けることのできるドラッグデリバリーシステム技術で優れた業績を挙げている。

山本浩充

愛知学院大学
薬学部 医療薬学科/薬学研究科 医療薬学専攻
【微粒子製剤】 製剤の製造で要求される特性、機能を持つ粒子を、いかに効率よく調製するか。その課題を達成するために「粒子設計法」を提唱しナノテクノロジーを駆使した微粒子調製研究を進めている。

丹羽敏幸

名城大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【固形製剤】 微粒子設計に始まり、錠剤化まで製剤設計を幅広く行っている。

方軍

崇城大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【がんの薬物送達治療】 がんを標的とした薬物送達システムの研究を活発に行っている。診断と治療の融合を狙う点に特徴がある。

安楽誠

崇城大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻
【機能性高分子の開発と製剤設計】 薬物送達システム (DDS) 用の新しい機能性素材を構築し、安全で使いやすく、 患者に優しい医薬品製剤の設計に取り組む。医療経済の面からよりよいジェネリック製剤の開発も。

中村敏和

総合研究大学院大学
物理科学研究科 機能分子科学専攻/分子科学研究所
【分子性固体の磁気共鳴研究】 磁気共鳴法による分子性物質の機能性について研究している。面倒見のいい先生との評判。

青木伊知男

放射線医学総合研究所
【磁気共鳴画像化法の開発と応用】 MRIを用いた新しい画像診断法や診断・治療の融合技術を先端的に開発している。

原島秀吉

北海道大学
薬学部/生命科学院 生命科学専攻

荒野泰

千葉大学
薬学部/医学薬学府 総合薬品科学専攻
【がんの画像診断法の開発】 がんの早期診断や治療効果の早期判定を目的として、細胞内の生理学的、生化学的変化を画像として捉える分子プローブの開発研究。微量の放射線を出す放射性医薬品を体内に投与し、身体の状態を可視化する核医学画像化法に取り組む。

嶋田一夫

東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬科学専攻
【構造生物学】 核磁気共鳴法という手法によるタンパク質相互作用解析の重鎮。

大須賀篤弘

京都大学
理学部 理学科 化学系/理学研究科 化学専攻
【環拡張ポルフィリンの創製】 ピロール環(C4H5N)を多数結びつけ、生体内で重要な働きをする拡張ポルフィリン類という有機化合物合成の世界的権威。ポルフィレン環の1つには、血液のヘモグロビンに含まれるヘムがある。700報近くの論文を発表し、現在でも業績を伸ばし続けている。研究活動能力がきわめて高い。

佐治英郎

京都大学
薬学部/薬学研究科 薬学専攻
【分子イメージング】 核医学診断という手法により、がんやアルツハイマー病などの画像診断法を数多く開発している。

丸山一雄

帝京大学
薬学部 薬学科/薬学研究科 薬学専攻

興味がわいたら

画像診断 病気を目で見る

舘野之男

今や医療において画像診断法は必要不可欠となっている。造影剤は物理系薬学の領域であり、画像診断法の高度化に、薬学的立場からの貢献がなされている。この本を通じて、体の外から体の中の様子を見ることができる画像診断法の不思議と面白さを知ってほしい。また、その原理の多くは高校までに習う知識が基礎となっていることも知り、興味を持ってほしい。 (中公新書)


見えないものを見る技術 五感を超えた診断の技術

伊藤泰郎

血液の流れ、脳の活動などの医療分野から、原子力発電所などの発電機、ケーブルなどの機器、大気中の二酸化炭素や汚染物質などの気体など、見えない、さわれない部分をどのように分析し理解するのか。この本では、画像診断機器を中心に、見えない部分を診断する方法について幅広く紹介されている。 (ブルーバックス)


薬の効き方・効かせ方

寺田弘

薬がどのように効くのかが、初めて読む人にも分かりやすく書かれている。薬が作用する仕組みを利用した最新の研究である、DDS(ドラッグデリバリーシステム)についても簡単な言葉で書かれている。最後には、薬学を志す学生に向けたメッセージも書かれている。 (オーム社)


すべて分析化学者がお見通しです! 薬物から環境まで微量でも検出するスゴ腕の化学者

津村ゆかり、立木秀尚、高山透、堀野善司

私達が普段意識する・しないに関わらず、何かデータを得る過程においては、必ず分析が行われている。分析は「縁の下の力持ち」としての技術的な役割についてのみ語られることが多く、サイエンスとしての面白さについて触れられた一般書はこれまで殆どなかった。この本では、環境・食品・医薬品・犯罪捜査・工業など、様々な分野の分析スペシャリスト4人が、サイエンスとしての分析化学の魅力について、実例を交えながら面白く紹介している。 (技術評論社)