森林科学

森林のしくみを解き明かし、森の生きものの管理・保護から地球温暖化まで幅広いテーマに取り組む

治山・砂防・緑化   水資源と水循環   気候変動・温暖化   バイオマス   物質循環

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

農学部 応用生命科学課程 森林生物科学専修
【 主な研究者 】
久保田耕平 松下範久 山田利博 鎌田直人
農学部 環境資源科学課程 森林環境資源科学専修
【 主な研究者 】
龍原哲

京都大学

農学部 森林科学科
【 主な研究者 】
大澤直哉 井鷺裕司 岡田直紀 小杉賢一朗
農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
田中千尋

北海道大学

農学部 森林科学科
【 主な研究者 】
高木健太郎 中村誠宏 日浦勉 吉田俊也 中路達郎

九州大学

農学部 生物資源環境学科 地球森林科学コース
【 主な研究者 】
溝上展也 菱拓雄 佐藤宣子 久保田哲也 笠原玉青

名古屋大学

農学部 生物環境科学科
【 主な研究者 】
太田岳史 梶村恒 中川弥智子 戸丸信弘 竹中千里
理学部 地球惑星科学科
【 主な研究者 】
平野恭弘

三重大学

生物資源学部 資源循環学科
【 主な研究者 】
木佐貫博光 中島千晴 松田陽介
教育学部 学校教育教員養成課程 理科教育コース
【 主な研究者 】
平山大輔

信州大学

農学部 農学生命科学科 森林・環境共生学コース
【 主な研究者 】
安江恒 加藤正人 植木達人 岡野哲郎
理学部 理学科 生物学コース
【 主な研究者 】
高橋耕一

東京農工大学

農学部 地域生態システム学科
【 主な研究者 】
梶光一 戸田浩人

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 社会経済学コース
【 主な研究者 】
加藤衛拡
生命環境学群 生物資源学類 農林生物学コース
【 主な研究者 】
上條隆志
生命環境学群 生物資源学類 応用生命化学コース
【 主な研究者 】
山路恵子
生命環境学群 地球学類 地球環境学主専攻
【 主な研究者 】
加藤弘亮

琉球大学

農学部 亜熱帯農林環境科学科 植物機能学コース
【 主な研究者 】
諏訪竜一
農学部 亜熱帯農林環境科学科 森林環境学コース
【 主な研究者 】
谷口真吾
農学部 亜熱帯地域農学科 農林経済学コース
【 主な研究者 】
木島真志

その他の優れた大学

大学詳細

宇都宮大学

農学部 森林科学科

【森林科学】 森林に関する技術者を育てるための技術士(JABEE)プログラムを設定し、体系的な教育を行っている。

静岡大学

農学部 生物資源科学科 木質科学コース

【抽出成分、木質材料】

岐阜大学

応用生物科学部 応用生命科学課程 分子生命科学コース

【抽出成分】

東京農業大学

地域環境科学部 森林総合科学科

【きのこ】


海外で学ぶなら

大学詳細

North Carolina State University/ノースカロライナ州立大学(米)

環境資源学部 森林・環境資源学科

【樹木バイオテクノロジー】

University of British Columbia/ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)

森林学部

【森林科学一般】

主な研究者

研究者詳細
横田信三
宇都宮大学
農学部 森林科学科/農学研究科 森林科学専攻

【森林化学】シラカンバ(シラカバ)の樹木が病原菌に感染した際の、樹木の抵抗性機構をタンパク質のレベルで解明する研究。それによって、樹木の病原菌に対する抵抗性機構に関する基礎的情報が得られる。また樹木の病気診断や病気対応処置法の開発につながる

安江恒
信州大学
農学部 農学生命科学科 森林・環境共生学コース/総合理工学研究科 農学専攻/山岳科学研究所

【樹木年輪年代学】気候変動が樹木肥大成長に及ぼす影響の評価研究。シベリアやアラスカの永久凍土地帯に生育する樹木の年輪幅に対しては、早春の気温が大きく影響を及ぼすことを明らかにした。年輪の観察で、樹木成長の気候応答がわかる。大気中二酸化炭素濃度の予測、ひいては将来の気候変動の予測にも必要とされる。

松田陽介
三重大学
生物資源学部 資源循環学科/生物資源学研究科 資源循環学専攻

【菌根共生】植物共生微生物を通した環境修復技術の構築し、豊かな森を維持するしくみを解明。植物の大部分の根には菌根菌という共生微生物が定着している。菌根菌は、菌糸を土の中で伸ばして近隣の植物根にも感染、定着する。見えない地下部での共生ネットワークは、多様な生物が生活する森のしくみの土台を理解することにつながる。

大山幹成
東北大学
理学部 生物学科/生命科学研究科 生態発生適応科学専攻/植物園

【樹木年輪を用いた古気候復元および木質遺物の年代同定】樹木年輪を用いた気候復元のみならず,遺跡からの出土品の樹種同定や年代同定を行い、考古学的な分野においても活躍している。

山田利博
東京大学
農学部 応用生命科学課程 森林生物科学専修/農学生命科学研究科 森林科学専攻/演習林

【樹病】

奈良一秀
東京大学
新領域創成科学研究科 自然環境学専攻

【自然生態系における菌根共生】菌根の姿を通して森林生態系を解き明かそうとしている。

船田良
東京農工大学
農学部 環境資源科学科/農学府 環境資源物質科学専攻

【樹木肥大成長メカニズムの解明】樹木の肥大成長のメカニズム解明について、顕微鏡的アプローチを駆使するとともに、植物ホルモン、組織培養などの技術を用いた解明を目指す。我が国随一の研究者。

山田明義
信州大学
農学部 農学生命科学科 生命機能科学コース/総合理工学研究科 農学専攻

【菌根性キノコの発生機構の解明】マツタケをはじめ培養が困難なキノコを形成する菌根菌に関する研究を進めている。

斎藤琢
岐阜大学
流域圏科学研究センター

【常緑針葉樹林における物質循環研究】森林全体の水、熱、炭素収支を測定するフラックス観測研究にあたり、最も精力的に研究を行い、論文執筆やデータ公開を進めている。また異分野研究者との交流を積極的に進め、将来的に学際的研究のハブとなることが期待される。

檀浦正子
京都大学
農学部 森林科学科/農学研究科 森林科学専攻

【樹木根をめぐる森林炭素動態】森林の炭素循環を明らかにするため、特に根圏に着目して炭素循環プロセスを明らかにする実験を行っている。炭素安定同位体をトレーサーとして用いる研究の第一人者として注目されている。フィールドは、国内に留まらず、フランス、熱帯および亜寒帯林に達する。

黒田慶子
神戸大学
農学部 資源生命科学科 応用植物学コース/農学研究科 資源生命科学専攻

【樹病】

米延仁志
鳴門教育大学
学校教育学部 学校教育教員養成課程 技術科教育コース/学校教育研究科 教科・領域教育専攻

【古環境変動の復元】樹木年輪や湖底堆積物に同位体など様々な指標を用いた古環境変動の復元に取り組んでいる。

佐野雅規
早稲田大学
人間科学部 人間環境科学科

【樹木年輪を用いた気候復元】将来予測のための気候モデルの改良にあたり、最も求められている研究の一つが過去の気候復元である(IPCC第五次報告書)。年輪を用いた気候復元において、現在国内で最も精力的に研究を行いデータを出している研究者。

中塚武
総合地球環境学研究所

【気候変動に対する社会応答の歴史的関係の解明】古気候学や気候学などの理系分野の研究者はもちろん、歴史学や考古学などの文系分野の研究者とともに、多分野横断型のプロジェクト研究を主宰している。

興味がわいたら

森をとりもどすために2 林木の育種

林隆久:編

人類の誕生以来、地球上の森林破壊が進み、その結果、温室効果ガスの濃度上昇による地球温暖化が深刻な問題となっている。森を取り戻して森林を持続させるためには、成長や性質の優れた樹木の育種が重要である。この本は、この林木育種に関して、育種の歴史、花粉スギの少ない育種、形質転換ポプラの作出、樹木生理、樹木のバイオテクノロジー、樹木の分子育種、樹木の遺伝子組換えなどが記載されている。「森林科学」という学問領域では、「林木育種」は非常に重要な分野なのだ。 (海青社)


キノコ学への誘い

大賀祥治:編

著者の専門は、きのこ学、森林資源学。とくに食用、そして薬用キノコの生理特性や生産技術などに強いキノコ博士だ。キノコと人類の関わり、キノコの成分、キノコのバイオテクノロジー、及びキノコと健康に関して記載されている。写真、多くのイラスト及び一口メモがあって、親しみやすい本である。 (海青社)


ブナ林をはぐくむ菌類

金子繁、佐橋憲生:編

菌類ってなんだろ。細菌(バクテリア)のこと?バクテリアなら何かを分解したり悪さをするイメージだが、そうではなくここでは真菌のことを言っている。真菌とは、カビ、キノコ、酵母などのことだ。この本はブナ林を舞台に活躍する真菌のひとつ・キノコの話だ。ブナという樹木はキノコの持つ菌と共生するおかげで、豊かなブナの森を作る。その共生菌の働きや多様さをわかりやすく解説している。 (文一総合出版)


森林飽和 国土の変貌を考える

太田猛彦

森林科学科に入学する新入生の多くは自然に対するあこがれを抱いている。「身近で森林伐採が行われていたから森林破壊を防止したい」という志望動機を持っている場合が多い。しかしこの本はこれとはまったく逆のことを訴える。国挙げての植林活動の結果、これ以上その必要性がないほど、いまや日本の森林は飽和状態だというのだ。すなわち、今現実に日本で起きているのはまったく違う問題であることに気がつかせてくれる。森林を学ぶにあたり、ステレオタイプな考えかたでなく、保全・保護の観点、利用の観点、共生の観点など、さまざまな立場からの新しい視点で捉えられると理解が深まる。また、その複雑さが森林科学の魅力であると思われる。 (NHKブックス)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ