経営・経済農学

農林水産業が直面する様々な問題に経済、経営、流通やマーケティング、政策などの観点からアプローチ

アグリビジネス   地域ブランド   食の安全   食料自給率   6次産業化

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

経済学部
【 主な研究者 】
矢坂雅充
農学部 環境資源科学課程 国際開発農学専修
【 主な研究者 】
鈴木宣弘

東京農業大学

国際食料情報学部 食料環境経済学科
【 主な研究者 】
菅沼圭輔 堀田和彦 大浦裕二
国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科
【 主な研究者 】
鈴村源太郎
国際食料情報学部 国際食農科学科
【 主な研究者 】
上岡美保

千葉大学

園芸学部 食料資源経済学科 食料資源経済学プログラム
【 主な研究者 】
丸山敦史 小林弘明 櫻井清一

神戸大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
衣笠智子
農学部 食料環境システム学科 食料環境経済学コース
【 主な研究者 】
草苅仁

九州大学

農学部 生物資源環境学科 生物資源生産科学コース
【 主な研究者 】
福田晋 伊東正一

北海道大学

農学部 農業経済学科
【 主な研究者 】
山本康貴

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 社会経済学コース
【 主な研究者 】
首藤久人 茂野隆一 松下秀介

三重大学

生物資源学部 資源循環学科
【 主な研究者 】
徳田博美

鹿児島大学

農学部 農業生産科学科 食料農業経済学コース
【 主な研究者 】
李哉ヒヨン 坂井教郎

その他の優れた大学

大学詳細

秋田県立大学

生物資源科学部 アグリビジネス学科

北海学園大学

経済学部 地域経済学科

【農業経済学、漁業経済学、林業経済学】 経済学部では珍しく、農学系の博士号をもつ農業、漁業、林業経済学の研究者が多数在籍し、精力的に研究活動を展開いている。


海外で学ぶなら

大学詳細

Michigan State University/ミシガン州立大学(米)

農業経済学、農業社会学

日本出身の卒業・修了生多い。幅広い領域を扱う。

Ohio State University/オハイオ州立大学(米)

農業経済学

同分野の人材多数輩出。実証研究に強い。

University College Dublin/アイルランド国立大学ダブリン校(アイルランド)

Fresh Produce Marketing

主な研究者

研究者詳細
佐藤和憲
岩手大学
農学部 食料生産環境学科 食産業システム学コース/総合科学研究科 地域創生専攻

【農業経済学、青物の流通】生鮮青物の流通について動向を分析し、産地のマーケティング戦略の策定方法を研究。現行の「卸売市場流通」と、市場を活用した新たな取引方法の比較分析を行う。諸外国における生鮮青果物流通システムの動向分析を加えることで、望ましい新たな生鮮青果物の流通システムを提起。

角田毅
山形大学
農学部 食料生命環境学科 食農環境マネジメント学コース/農学研究科 生物生産学専攻

【農業経営学】地産地消など地域コミュニティの力を活かした農業発展が見られ始めている。こうしたコミュニティビジネスとしての農業の発展に寄与する研究を行う。

櫻井清一
千葉大学
園芸学部 食料資源経済学科 食料資源経済学プログラム/園芸学研究科 環境園芸学専攻

【農産物と食品の流通論、マーケティング論】農業経営と農村経済の多角化などを研究。農産物生産に関連する経済活動の領域が拡がり収入の増加につながる。

早尻正宏
北海学園大学
経済学部 地域経済学科

【林業経済学、地域経済学、協同組合学】中山間地域を調査フィールドに、地域再生実践に取り組む。中山間部は人口減少や少子・高齢化という日本の課題先進地域。今後の日本各地の再生問題への重要な示唆となる。

市田知子
明治大学
農学部 食料環境政策学科/農学研究科 農業経済学専攻

【環境社会学、農業・農村政策】農業起源のバイオマス利用の実態と政策研究、中山間地域の活性化、農村女性の活動を通した女性と農業問題、原発被災地域における営農再開などを研究。テーマを一言でいうと、循環型社会の構築である。

柿澤宏昭
北海道大学
農学部 森林科学科/農学院 環境資源学専攻

【森林政策学】林業経済学の第一人者。市民参加型の森林管理とその実行組織のあり方を追求。

小山良太
福島大学
人文社会学群(昼間) 経済経営学類 国際地域経済専攻/経済学研究科 経済学専攻

【農業経済学】福島県内の農業復興を理論面、実践面で主導。農協のあり方についても精力的に発言。

興梠克久
筑波大学
生命環境学群 生物資源学類 社会経済学コース/生命環境科学研究科 生物資源科学専攻

【林業経済学】国内の林業情勢に最も詳しい研究者の一人。全国各地でフィールドワークを重ねる。

中嶋康博
東京大学
農学部 環境資源科学課程 農業・資源経済学専修/農学生命科学研究科 農業・資源経済学専攻

【フードシステム、食品安全性】幅広いテーマを分析対象としながら、わかりやすく説明してくれる。

南石晃明
九州大学
農学部 生物資源環境学科 生物資源生産科学コース/生物資源環境科学府 農業資源経済学専攻

【農業経済学】経営評価の手法開発に熱心。

高橋大輔
拓殖大学
政経学部

【農業経済学】計量的手法を用いつつ、分析結果をわかりやすく説明してくれる。

小田切徳美
明治大学
農学部 食料環境政策学科/農学研究科 農業経済学専攻

【農村政策論】日本の農山村の実態に非常に詳しい。悲観論でなく、ポジティブな側面を積極的に評価している。

井上真
早稲田大学
人間科学部 人間環境科学科/人間科学研究科 人間科学専攻

【森林政策学】草原、森林、牧草地、漁場などの資源の共同利用地を意味するコモンズ(入会地)研究の第一人者。

藤井吉隆
愛知大学
地域政策学部 地域政策学科

【農業分野におけるICTの活用】民間企業と連携して実践的な研究を行っている。

福井清一
大阪産業大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 アジア地域経済専攻

【開発経済学】開発途上国の農業発展について詳しく分析している。

興味がわいたら

社会起業家 社会責任ビジネスの新しい潮流

斎藤槙

単に収入を得るだけでなく、社会的な問題を解決する使命感を持って働く「社会起業家」の動向や意義がわかりやすくまとめられている。農業は地域社会や環境問題と深く関わっており、一つの方向として、所得向上を追求しつつも、社会企業家として取り組むことが今後求められてくると考えられる。 (岩波新書)


人生、いろどり

2012年公開された、高齢化や過疎に苦しむ町を「葉っぱビジネス」で活性化するという映画。徳島県上勝町における、農協職員と高齢者の女性を中心として、町で採集した植物の葉などを料理店で使用される「つまもの」として販売するビジネスで成功を収めるまでの軌跡を描く。


日本農業の真実

生源寺眞一

2010年頃の日本農業をめぐる諸状況を簡潔にまとめた本。著者は農業経済学が専門の経済学者。平易な文章で読みやすい。日本農業を理解する上で知っておいてもらいたい論点が過不足なく盛り込まれている点が、優れている。農業経済学という学問が対象とする領域はほぼ盛り込まれている。 (ちくま新書)


WOOD JOB! ~神去(かむさり)なあなあ日常

原作は人気作家・三浦しをんによる青春小説。林業、山村の実態がよくわかり、林業に関する映画で、木材にも興味を持つきっかけとなるだろう。監督は『ウォーターボーイズ』などのヒット作のある矢口史靖。 (矢口史靖:監督、染谷将太、長澤まさみ:出演  )


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ