水圏生産科学

海、河川、湖など水圏に棲む水産生物の環境を守りつつ、養殖魚の育種技術、水産食品の開発などの生産向上に挑む

水圏の環境保全   赤潮   プランクトン   水産物の加工   マグロ、ウナギの完全養殖

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修
【 主な研究者 】
山川卓 良永知義 菊池潔 伊藤幸彦 佐藤克文
農学部 環境資源科学課程 フィールド科学専修
【 主な研究者 】
佐野光彦

北海道大学

水産学部 海洋生物科学科
【 主な研究者 】
綿貫豊 松石隆 三谷曜子 高津哲也
水産学部 増殖生命科学科
【 主な研究者 】
笠井久会 藤本貴史 水田浩之
水産学部 海洋資源科学科
【 主な研究者 】
宮下和士 向井徹
理学部 生物科学科 生物学
【 主な研究者 】
四ツ倉典滋
農学部 生物資源科学科
【 主な研究者 】
荒木仁志

東京海洋大学

海洋生命科学部 海洋生物資源学科
【 主な研究者 】
坂本崇 延東真
海洋資源環境学部 海洋環境科学科
【 主な研究者 】
遠藤英明 鈴木秀和

長崎大学

水産学部 水産学科
【 主な研究者 】
河邊玲 山口敦子 河端雄毅 和田実 ニシハラグレゴリーナオキ

高知大学

農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生物生産学コース
【 主な研究者 】
大島俊一郎 山口晴生
医学部 医学科
【 主な研究者 】
田口尚弘

近畿大学

農学部 水産学科
【 主な研究者 】
小林徹 石橋泰典 塚正泰之 江口充

広島大学

生物生産学部 生物生産学科 水産生物科学コース
【 主な研究者 】
海野徹也 冨山毅 大塚攻 冲中泰
生物生産学部 生物生産学科 生物圏環境学コース
【 主な研究者 】
小池一彦

九州大学

農学部 生物資源環境学科 動物生産科学コース
【 主な研究者 】
松山倫也

京都大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
豊原治彦

宮崎大学

農学部 海洋生物環境学科
【 主な研究者 】
香川浩彦

北里大学

海洋生命科学部 海洋生命科学科 環境生物学講座
【 主な研究者 】
林崎健一

その他の優れた大学

大学詳細

琉球大学

理学部 海洋自然科学科 生物系

珊瑚礁に生息する多種・多様な生物を調べることができる。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, Santa Cruz/カリフォルニア大学サンタクルーズ校(米)

海洋生物

【海洋生物の生理・生態】 フィールドが近く、実習が多い。ジャイアントケルプ生態系で楽しみながら学べる。

Washington State University/ワシントン州立大学(米)

School of Biological Sciences

【染色体操作、細胞工学】 アメリカの同分野ではオーソリティ。

University of New South Wales/ニューサウスウェールズ大学(豪)

School of Biotechnology and Biomolecular Science

【極限環境微生物】 南極大陸のオーストラリア基地近くの湖沼にいる極限環境微生物の研究などが特色。日本からの留学生を意識し、日本語のホームページを設けている。

Universiti Malaysia Sabah/マレーシア・サバ大学(マレーシア)

理学部 魚類養殖学コース

【養殖学】 東南アジア特有の魚類養殖、養殖排水を植物の生産に利用する複合養殖などの研究が活発。日本人の養殖学専門の教員が勤務している。

主な研究者

研究者詳細
坂本崇
東京海洋大学
海洋生命科学部 海洋生物資源学科/海洋科学技術研究科 海洋生命資源科学専攻

【水産分子遺伝育種学】養殖魚の耐病性について研究。ウイルス病、細菌病、寄生虫病など養殖魚の病気に対する抵抗性のメカニズムは、まだ明らかになっていない。各個体の耐病性の有無を識別可能なDNAマーカーを開発し、それを用いて耐病性魚の育種を行うことで、水産業に役立つ。

河端雄毅
長崎大学
水産学部 水産学科/水産・環境科学総合研究科 海洋フィールド生命科学専攻

【魚類行動学、生態学、機能形態学】魚、カニ、ゴキブリ、カエル等を人工刺激や捕食者で驚かして逃避方向を調べ、数理モデルを作成。食う・食われるの関係について、魚類行動学の視点から研究を進める。銛突きや網による漁業の効率化や、車と野生動物の衝突回避策の決定など、広く応用分野に役立つ。

江口充
近畿大学
農学部 水産学科/農学研究科 水産学専攻/アグリ技術革新研究所

【水圏生産科学】世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功した「近大マグロ」研究を率いる。クロマグロの漁業、生態・行動、分類、生息する海洋環境、水質、飼育方法、エサの開発、養殖による環境汚染の解決など水圏生産科学のあらゆる学問を総動員する。人間の生活と水域生態系の調和という観点から研究にも取り組む。

小林徹
近畿大学
農学部 水産学科/農学研究科 水産学専攻
澤辺智雄
北海道大学
水産学部 増殖生命科学科/水産科学院 海洋応用生命科学専攻

【マリンビブリオ】海洋細菌の代表格であるビブリオ菌の進化系統学的な基礎研究から始まり、次世代エネルギーである水素ガスの生成まで手がけている。

藤本貴史
北海道大学
水産学部 増殖生命科学科/水産科学院 海洋応用生命科学専攻

【染色体操作】染色体操作の次世代ホープ。

菊池潔
東京大学
農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修/農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻/水産実験所

【魚類の性決定遺伝子の進化】トラフグを中心としたゲノム育種研究と魚類の性決定遺伝子の進化研究の両立を実践している。

田中祐志
東京海洋大学
海洋資源環境学部 海洋環境科学科/海洋科学技術研究科 海洋資源環境学専攻

【ハイスピードカメラによる動物プランクトンの遊泳及び摂餌行動の解明】微小な動物プランクトン周辺の水の流れを可視化し、ハイスピードカメラで捉えることでどのように動物プランクトンが行動するのか調べる面白い研究。

斎藤大樹
愛媛大学
南予水産研究センター

【始原生殖細胞の細胞移植】細かい実験の精巧さは目を見張る。

和田実
長崎大学
水産学部 水産学科/水産・環境科学総合研究科 水産学専攻

【貧酸素水塊の形成に関わる微生物過程の解明など】海洋微生物生態学でしっかりと教育研究に取り組む。特に小、中、高校生向けの実習教材の開発にも熱心であり、発光性の海洋細菌を用いた教材はすでに製品となっている。

永田恵里奈
近畿大学
農学部 水産学科/農学研究科 水産学専攻

【フナズシから分離した乳酸菌の有効利用】水産発酵食品であるフナズシは寿司の原型といわれる。フナズシから乳酸菌を分離し、養殖魚の健康維持に役立てる研究を行う。食品に興味がある人には魅力的な研究。どちらかというと男性が多い水産分野において女性研究者として頑張っている。

家戸敬太郎
近畿大学
水産研究所

【マダイの病原性微生物による疾病予防に関する研究など】魚類養殖のメッカ、近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)で教育研究に従事する。消化菅内細菌叢に乳酸菌などを定着させることで病気を予防するという面白い研究をする。近大水産研究所は魚が好き、魚釣りが好きという人には、最高の環境である。

渡辺佑基
総合研究大学院大学
複合科学研究科 極域科学専攻/国立極地研究所

【動物生理生態学】多くの生物に共通する理論を実際のデータを用いて検証している。

山羽悦郎
北海道大学
水産学部 増殖生命科学科/環境科学院 生物圏科学専攻/北方生物圏フィールド科学センター 

【染色体操作、発生工学】

佐藤克文
東京大学
農学部 応用生命科学課程 水圏生物科学専修/農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻/大気海洋研究所

【動物生理生態学】主に魚、ウミガメ、ペンギン、アザラシ、クジラといった水生動物の研究を進めてきた。まだまだ未解明のこの分野で、データロガーという新しい小型の記録計を動物に装着するバイオロギングの手法で、水生動物の行動、生理、生態にについて、多くの生物に共通する理論を検証している。

吉崎悟朗
東京海洋大学
海洋生命科学部 海洋生物資源学科/海洋科学技術研究科 海洋生命資源科学専攻

【遺伝子工学、細胞工学】

左子芳彦
京都大学
農学部 資源生物科学科/農学研究科 応用生物科学専攻

【一酸化炭素の次世代活用に関する分子微生物学的研究など】火山ガスなどの毒ガスである一酸化炭素を利用して水素ガスを作り出す深海微生物の研究を行っている。次世代バイオ燃料生産系の研究として非常に興味深い。

興味がわいたら

フグ毒のなぞを追って

清水潮

フグ毒は、テトロドトキシンという神経毒だ。古来よりフグ毒に当たって亡くなった人は多数いるが、同じ種類のフグであっても育った環境によって毒の量が極端に異なることがわかってきた。外の環境と一切接触させることがないようにフグを完全養殖すると、ほとんど無毒の養殖フグができるという。本書では、海洋生態系や海洋微生物、そこでの食う・食われるといった食物連鎖の関係、魚類の完全養殖について解説しており、これらを知らず知らずのうちに学ぶことができる。 (裳華房)


海の環境微生物学

石田祐三郎、杉田治男:編著

海洋での水の動きを支える海洋微生物の働きについて学ぶことができる。特に、海洋汚染の改善のために海洋微生物を利用したバイオレメディエーションの技術研究は必見だ。やや専門的な内容が多く含まれるが、読んでみてほしい。 (恒星社厚生閣)


サケ学入門 自然史・水産・文化

阿部周一:編著

サケの生態や回遊の謎にせまる入門書。水産学は産業学問なので、産業を発展させるための産みの苦しみから生じる研究テーマが殆どだ。直接的に染色体操作を紹介する部分はわずかだが、そのテーマを地盤から盛り上げる基礎分野の研究がいかに大切かということは、これらの本から読み取ってもらえるのではないだろうか。 (北海道大学出版会)


魚の卵のはなし

平井明夫

魚卵には様々な形があり、また産み付けられる場所や生き残りの方法も様々だ。産業としても大きな市場を持つ魚卵だが、世の中に知られていないこともたくさんある。この本は、魚卵の世界で起こっている不思議を、分かりやすく解説している。 (成山堂書店)


関連する学問

28 水産資源、養殖
水圏生命科学
30 応用・環境微生物学、発酵学
応用微生物学
みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ