創薬化学

薬学・生命科学の成果を総合し、患者に投与するまったく新しい薬を創製!

ゲノム創薬   抗体医薬品   ケミカルバイオロジー   ワクチン   インスリン

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京医科歯科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
横田隆徳

東京大学

薬学部
【 主な研究者 】
橋本祐一 花岡健二郎

熊本大学

薬学部
【 主な研究者 】
森岡弘志 大塚雅巳

北海道大学

薬学部
【 主な研究者 】
周東智 原島秀吉 市川聡

徳島大学

薬学部 創製薬科学科
【 主な研究者 】
大高章 根本尚夫
薬学部 薬学科
【 主な研究者 】
南川典昭

名古屋市立大学

薬学部
【 主な研究者 】
梅澤直樹 樋口恒彦 中川秀彦

東京薬科大学

薬学部(男子部) 医療衛生薬学科
【 主な研究者 】
青山洋史 林良雄

北里大学

薬学部
【 主な研究者 】
藤井秀明

大阪大学

薬学部
【 主な研究者 】
岡田欣晃 小比賀聡

九州大学

工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
新藤充
薬学部
【 主な研究者 】
宮本智文

東北医科薬科大学

薬学部
【 主な研究者 】
遠藤泰之 吉村祐一

その他の優れた大学

大学詳細

名古屋大学

理学部 化学科

薬を創るための基礎研究を中心に学科が構成され、化学合成だけでなく、病気の原因(標的)の研究やその標的を分子レベルで研究する研究室なども設置されている。

長崎大学

薬学部

【創薬化学】 創薬研究教育センターを設置し、研究のみならず教育にも力を入れている。

静岡県立大学

薬学部 薬学科

【ウイルス学、生化学】 ポストゲノムとも呼ばれる糖鎖科学に重点をおいており、薬剤耐性ウイルスの検出に成功するなど最先端の研究を行っている。また、先端研究を支える実験機器や測定器も充実しており、機器操作を含む実験スキルやノウハウを身に付けることができる。

京都府立医科大学

医学部 医学科

【メディシナルケミストリー】 大学では研究のための研究が多い中、実際に創薬に直結する研究を行っている。

東京理科大学

薬学部

私立大学で研究内容・成果ともに上位である。

主な研究者

研究者詳細

大庭誠

長崎大学
薬学部/医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
【ペプチド化学、ドラッグデリバリーシステム、ケミカルバイオロジー】 10個以下のアミノ酸から成るオリゴペプチドを用いた、まったく新しい創薬ツール「中分子医薬品」の開発研究。20世紀の医薬品の中心を担ってきた薬に低分子医薬品、21世紀に入って著しく成長したものにバイオ医薬品がある。中分子医薬品は両医薬品の長所を兼ね備え21世紀の新しい薬と期待される

吉村祐一

東北医科薬科大学
薬学部/薬学研究科 薬科学専攻
【医薬品化学、有機化学、ヌクレオシド・ヌクレオチドの合成化学】 核酸医薬と呼ばれる新しい薬の合成に関する研究を行う。現在、医薬品は抗体医薬と呼ばれる薬が主流だが、これに対し、核酸医薬はDNAに対して直接作用することでより根本治療になるものとして注目される。

大坪忠宗

広島国際大学
薬学部 薬学科
【有機合成科学、ケミカルバイオロジー、糖鎖化学、創薬化学】 インフルエンザウイルスを家庭で5分以内に検出する簡易テスト技術の開発を行う。

椛島力

長崎国際大学
薬学部 薬学科 臨床薬学分野/薬学研究科 医療薬学専攻
【生化学、分子生物学、生物物理化学】 薬剤耐性HIV治療薬の開発を行う。また、がん幹細胞を標的とした治療薬の開発、および、これらの病気に関係した診断方法の開発をする。こうした完治が困難な病気に対する治療や診断に寄与することを目指す。

市川聡

北海道大学
薬学部/生命科学院 生命科学専攻/創薬科学研究教育センター
【ケミカルバイオロジー、生理活性天然物の合成研究と創薬への展開】 天然物は創薬研究を行う上で優れたリード化合物であるが多くの場合、複雑な構造を有している。活性や機能を保持したまま構造の単純化を計り、多岐にわたるより多彩な誘導体の合成とその応用研究を行っている。

永次史

東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻/多元物質科学研究所
【次世代核酸医薬の開発】 次世代核酸医薬の開発を目指し、標的とするDNA、RNAに対して選択的に反応し形成する新しい核酸医薬品の開発を行っている。

和田健彦

東北大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻/多元物質科学研究所
【次世代インテリジェント型ナノバイオ機能材料の開発】 DNAやRNAなどの核酸、そしてタンパク質など生体高分子の、次世代インテリジェント型ナノバイオ機能材料への応用を目指す。外部刺激に応答して機能発現のon-off制御が可能な人工核酸の創成に取り組んでいる。

菅裕明

東京大学
理学部 化学科/理学系研究科 化学専攻
【ペプチド創薬】 ペプチド中分子創薬研究の第一人者。

阿部洋

名古屋大学
理学部 化学科/理学研究科 物質理学専攻
【細胞内現象解析、制御を目指した新規分子のデザインと考案】 化学的な視点から独自の手法で生命科学研究を展開しており、その成果を医薬や診断技術に応用することを目指す。特に生きた細胞内でのRNAのふるまいを直接観察するRNAイメージング解析に成功したことが特筆に価する。

二木史朗

京都大学
薬学部/薬学研究科 薬科学専攻/化学研究所
【膜透過性ペプチド】 ドラッグデリバリーシステム(DDS)ツールとして期待されている膜透過性ペプチドの研究の第一人者。

南川典昭

徳島大学
薬学部 薬学科/薬科学教育部 創薬科学専攻
【有機化合物や化学的手法を用いた生体機能の理解と制御】 DNAやRNAを創薬標的として、これらの機能制御を「核酸医薬」で行うことを目標としている。有機化学を基盤としたヌクレオシドユニットの合成とその導入による人工核酸の設計と合成に関する研究を行っている。

田中正一

長崎大学
薬学部/医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
【ペプチドの構造解析、機能化】 非天然型のアミノ酸含有ペプチドの構造研究の第一人者。

高橋忠伸

静岡県立大学
薬学部 薬学科/薬食生命科学総合学府 薬食生命科学専攻
【ウイルス学】 薬剤耐性ウイルスを含む、インフルエンザの生態研究、検出技術の開発に成果を挙げている。生態解析、検出技術は創薬的にも不可欠な技術である。

南彰

静岡県立大学
薬学部 薬学科/薬食生命科学総合学府 薬食生命科学専攻
【生化学】 各種がん細胞、病変部位の高感度検出に実績を挙げており、創薬的な側面からも興味深い。

鈴木孝禎

京都府立医科大学
医学部 医学科/医学研究科 統合医科学専攻
【メディシナルケミストリー】 医科大学という環境ながら、創薬につながる研究成果を挙げている。

出水庸介

国立医薬品食品衛生研究所
【ペプチドの構造と機能化】 非天然型アミノ酸を独自に設計してペプチドの研究を行っており、独創性が高い。

橋本祐一

東京大学
薬学部/薬学系研究科 薬学専攻/分子細胞生物学研究所
【ケミカルバイオロジー】 メディシナルケミストリーすなわち医薬品化学、創薬化学とも呼ばれる医薬品の創製に関する分野の第一人者。

佐々木茂貴

九州大学
薬学部/薬学府 創薬科学専攻
【インテリジェント人工核酸を用いた革新的創薬研究】 病気の原因になる可能性がある遺伝子に入った「傷」に特異的に結合する分子(機能性人工核酸)を開発し、遺伝情報を正確に「読みとれる」分子の化学的研究を行っている。

興味がわいたら

新薬に挑んだ日本人科学者たち

塚崎朝子

世界の患者を救った新薬開発を進めた日本人研究者たちの話。新薬はどのようにして創られてきたか、研究の面白さと苦労などを、新薬開発に携わってきた研究者たちへの取材を通して知ることができる本。 (ブルーバックス)


有機化学が好きになる

米山正信、安藤宏

創薬そのものを取り扱っている本ではないが、薬の大半が有機化合物であることから、薬自身ならびに創薬について知る上で、基本となる知識を習得できる。身の回りにある有機化合物について物語形式で書かれているため、とても分かりやすい。また、著者が高校の先生ということもあり、高校生でもわかるような言葉で説明されている。 (ブルーバックス)


パラサイト・イヴ

瀬名秀明

著者が、薬学部の大学院生のときに書いたバイオホラー小説。薬学の知識をもとに描かれており、薬学の知識があるとより楽しめる内容だ。このような背景を知った上でこの本を読むと、高校生が薬学へ興味をより強く持つことに役立つだろう。 (新潮文庫)


エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明

堀田佳男

エイズの原因ウィルスであるHIVが発見されて間もない時代に、治療薬発見に果敢に挑んだ満屋先生の伝記的ノンフィクション。世界で初めてのエイズ治療薬は、当時アメリカ国立ガン研究所に勤務していた1人の日本人によって見出されたものであることを知ってほしい。危険を顧みず研究にかける情熱は、同書の中で野口英世と対比されているが、優れた研究を成し遂げた人達に少なからず共通する部分でもあると言える。また、この本を通じて医薬品開発に必要なプロセス(例えば臨床試験と呼ばれる人体実験)、特許をめぐる争いなど、医薬品開発の裏側を知ることができ、高校生にも読みやすい作品だろう。 (文春文庫)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ